新・進撃の巨人党

最近熱い展開が続いている『進撃の巨人』を中心に、好きな漫画やアニメの感想、考察などを綴っていきます(=゚ω゚)ノ

【進撃の巨人 最新111話 ネタバレ感想】ニコロの復讐。ファルコに巨人化フラグが!脊髄液入りワインを飲んだのは…?

 

  ※ 進撃の巨人111話のネタバレ感想です(=゚ω゚)ノ

 

最新話の情報を元に書いているので、未読の方はネタバレご注意を!!

 

www.naaabo7.com

www.naaabo7.com

 

 

『第111話 森の子ら』

 

反兵団破壊工作組織イェーガー派



冒頭は脱獄したエレン達の話から。

 

「エルディア復権派」じゃなくて、「イェーガー派」と呼称するのかぁ…。

 

何故か少し違和感w(;^ω^)

 

反兵団破壊工作組織の方はインパクトあるけどw

 

兵団がエレンの始祖の巨人を他の人物に移そうとしていた件について、

 

「我々に何の知らせもなく…」いうハンジ。

 

それに対して、「言ったらミカサが全力阻止するだろう?」と暗に示しているナイルには納得w

 

ミカサだけじゃなくて、なんだかんだ調査兵団はエレンを守ろうとしてたかもしれませんもんね。。

 

ローグ「どう責任とるつもりだ、ハンジ団長?」


ハンジ「いくらでも責任は取る。しかし今私が兵団を退くことより、無責任なことはない」

 

ハンジ、かっこいいです♡(*/ω\*)



対立してる憲兵調査兵団をけん制するように現れた、ピクシス司令。


ピクシスが最高権力者のような構図になってきました。


アルミンも今兵団を束ねることが出来るのはピクシス司令だけだと、今後の展望を聞きます。


ピクシス「エレンに降参しよう。これはもうワシらの負けじゃ」

 

今兵団内で争っている時間はなく、これ以上の犠牲が出ないようにジークの居場所を教えることを条件に、イェーガー派との接触を試みようと提案するピクシス。

 

そして兵団は「地鳴らし」の実験に、エルディア国の存続を委ねる決心をした様子です(>_<)

 

結局エレン達に任せて、地鳴らしに頼るしかないという状況になってしまったようですね・・・。

 

キヨミ様は地下資源が目的ですが、ミカサのことはやはり特別な様子。


この国がどうなろうとも、あなた様だけはお守りいたしますと宣言して去っていきます。

 

ジークの保険


ザックレーを殺害したエレン達に従うことに、不満をもらすジャンとコニー。


ミカサとコニーが衝突しそうになりますが、ピクシスの言うとおり今は仲間内で争っている場合じゃないと止めるハンジ。

自分たちが今やるべきことは、ジークの思惑を明らかにすることだと言います。

 

何かあてがあるのか聞くアルミンに、レストランが怪しいと馬に乗って駆け出すハンジ達。

 

ハンジ「もちろんそれが私の早とちりなら…それでいいんだけどね」

 

もうドンピシャ大当たりです…( ゚Д゚)

 


ニコロのレストラン


その頃ニコロはブラウス一家を会食に招いていました。

人数の多さにニコロがドン引きしてるwww

 

ニコロのことを聞くガビに、ニコロと「お姉ちゃん」の関係を話すカヤ。

 

カヤ「私は…二人は恋人同士だったと思ってるけどね」

 

…え?ニコロとサシャは恋人だったの!!?∑(゚Д゚)

 

てっきりニコロの一方通行で、サシャは料理を愛でている印象でしたが。。

 

カヤ目線だから結局どっちなのかわからないけど、このあとのニコロを見てたら案外本当に恋仲はあったのかもなぁと…

めちゃめちゃ見たかったよ!そんなシーン!!( ; ; )



カヤの話を聞きファルコは何か引っ掛かりを覚えますが、あまりの料理の美味しさに思考回路停止で泣きながら料理を食べますw

 

ここでハンジ達到着。ニコロを呼び出します。

 

ニコロ「話ですか?一体なんの?」

 

ハンジ「なんかほら…あるだろ悩みとかさ」

 

ハンジ、ごまかすの下手www

 

オニャンコポン「義勇兵が拘束された件だ。聞き取り調査に協力してくれ」

 

オニャンコポンが頼もしいw

 

ニコロの仕事が終わるまで、隣の部屋で待機することに。

ここでジャンが、部屋に置いてあったワインを手に取ります…

 

ニコロ「勝手に触るな!!」

 

慌てるニコロ…。

 

ごまかすためにジャン達に暴言を吐いて仲違いしますが、本意じゃないのが伝わってくるから切ない…( ノД`)

 

 

ニコロの復讐


食事から抜け出すガビとファルコ。


ニコロの元へやってきました。



ここからの展開は戦慄…(;'∀')



ガビ「私たちはマーレから来ました!名誉マーレ人である、戦士候補生です!」

 

ガビが現状をべらべら話し出し…

 

ニコロ「誰か…殺したか…?女の兵士を…」

 

気づいてしまったファルコ。。

 

ガビ「はい!仕留めました!!←ドヤ(=゚ω゚)ノ」

 

ファルコ「…ガビ…待て」

 

ガビ「ですがまだ数匹駆除した程度。私たちは卑怯な悪魔どもには負けません!(=゚ω゚)ノ」←キラキラした顔で歩み寄る

 

いやぁもう読者の方が戦慄しますよね、ファルコは初めからニコロの異変に気付いて必死にガビを止めようとしていましたが、遅かった…



ニコロは手に持ったワインで、ガビの頭めがけて振り下ろします。

 

それをかばうファルコ…。

あぁ、ファルコ…普通なら即死だよ( ; ; )

意識を失ったファルコに、混乱するガビ。。


ニコロはガビに顔面パンチを食らわせ、会食してるブラウス一家のところに投げ出します。


ブラウス夫妻も、真っ青な光景!!(;´・ω・)

 

ニコロの手には包丁があり、どう見ても子供をボコボコにして人質にした悪党に見える…

呆然としてるブラウス夫妻に、ガビがサシャを殺したマーレ兵だと話します。

 

包丁を突き出し、あなた達がやらないなら俺が殺すけどいいですよね?


と、ニコロは相当逆上している様子(;´д`)


そんな異変を察知して、やってきた野次馬一号アルミン!|д゚)笑

 

みんなを呼んで、まるで強盗の現場に出くわしたような珍しい構図が…


やっぱりニコロが悪党にしか見えないw(;´・ω・)

 

もうここまできたらヤケクソ感で、意識のないファルコを人質に…

 

ニコロ「寄るな!さがれ!そこから動くな!ただサシャの仇を討つだけだ!」

 

と叫びます。

 

ガビ「やめて…ファルコは違う!」

 

ニコロ「こいつはお前のなんなんだ!大事な人か?俺にも大事な人がいた!」


「このクソみてぇな戦争から、俺を救ってくれたんだ」

 

とサシャへの思いを語り出します。

 

ニコロ…本当にめちゃめちゃサシャのことが好きだったんですね。。


回想に出てきたサシャの顔が可愛い過ぎるのが切ないです…。

 

不覚にも涙がw(´;ω;`)



ニコロ「それがお前が殺した女、サシャブラウスだ!」



やめて、ガビもう変なこと言わないで!という読者の願いもむなしく、



ガビ「目を覚まして!あなたはその悪魔の女に惑わされてる!悪魔なんかに負けないで!」

 

と、説得するガビ…

 

そんなガビを憐れみの目で見るブラウス夫妻。

 

そしてサシャの父が、ニコロに包丁を渡すように言います。

 

いやもう本当に刺してもおかしくない状況に、止めに入るハンジ!!(゚o゚;

 

しかしサシャの父は、ガビを憎んでる様子はなく、この世界を嘆き「過去の罪や憎しみを背負うのは、大人の責任だ」と包丁をサシャ母に渡してその場を収めます。。



ニコロ現行犯逮捕、人質ファルコ救出な図( ゚Д゚)



そんな展開に動揺を隠せないガビ。

更にファルコとガビの傷を心配するブラウス夫妻に、

ガビ「本当に…私が憎くないの…?」

 

と問いかけます。。


事態が収束しかけた次の瞬間、、

 

ガビをナイフで殺そうと巨人のような顔で迫るカヤ!!Σ(゚Д゚)

 

とっさにガビをかばうような姿勢で、その手を止めるミカサ。

 

最近ミカサが冷たい人間な感じじゃなくなってきて、好感度上がりっぱなしです( ノД`)

 

カヤは一番理解があったのに、ガビは本当に愚かだったよ…

 

カヤ「よくも!お姉ちゃんを!!人殺し!友達だと思ってたのに!」

 

と号泣するカヤを見て、抱きしめながら一緒に泣くブラウス夫妻…


みんなもガビを攻めるんじゃなくて、カヤを心配している様子・・・。


ガビが初めて、自分が犯した罪に気づいたかのような表情です。



改心のきっかけには、十分な展開でした。。( ;∀;)



そしてガビはアルミン達とともに、部屋を出て行きます。


あれ…ファルコを置いてくの!?笑


ファルコはハンジが死体解剖を…

 

じゃなかった、看病していました。

 

そんな光景を見て、

 

「ハンジさん…そのガキの口をゆすいでやってくれ。あのワインが入っちまった…。もう…手遅れだと思うけど…」

 

というニコロ。

 

 

ハンジ「え…?」

 

ハンジ達にとっては突然の、爆弾発言!!ヾ(゚д゚ll)

 

 

ハンジ「あのワインには…何が入っているの…?」

 

 

もうすでに99%察してるような顔で、ニコロに聞くハンジ…

 

 

ニコロ「多分…ジークの脊髄液だ」

 

 

煽り 『仕組まれていた罠!気づかぬままにワインを飲んだのは…』

 

 

【111話 森の子ら 感想】

 


ひえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(ノД`)・゜・。

 

やはりハンジの直感どおり、イェレナがマーレ人の人権を訴えたのは工作のためだったんですねー!!

なんか今回、ミステリー的な、昼ドラ的な恐ろしさがありました(^^;

 

恋人を殺された男の復讐現場に居合わせたハンジ達。


からの、動き出した時限爆弾の存在を知ったような展開…。



ワインを飲んだのは、、って来月めちゃ怖いじゃんw(´;ω;`)


とりあえずファルコは確定ですよね。

 

ただ少量だし、口ゆすいだしで、もしかしたら普通の巨人化ではない展開になりそうなフラグが。

 

でもこれでファルコは知性巨人を継ぐ展開が濃厚になってきた気がします。

 

以前鎧の巨人か、獣の巨人を継ぐ説を書きましたが、私はたぶんファルコは獣の巨人を継ぐんじゃないかなぁと…



理由はこちらに↓ 


www.naaabo7.com

 

他にワインを飲んだ人はどれだけいるのでしょう…


108話を見る限り、もう一人確定の人物はローグですよね。。

 

 

あとやっぱり気になるのはコニーかジャンかなぁ…。

 

 

108話でミカサ達が話していた部屋に置いてあったワイン、、意味深な気がします。

 

最後に残ったのはコニーじゃないかなぁと思ったら、コニーが飲んでいる可能性ありますよね。


今月最後のページのコマも、コニーの顔が衝撃的な表情だったので「まさかあの時のワインも…?」と思っていたりして(´;ω;`)

 

 

とりあえず、ハンジだけはやめて下さい…(ノД`)・゜・。笑

 

 

ワインを飲んだ人物は来月で判明してほしいけど、120話はリヴァイやエレン達のシーンがメインになるかもですね…(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

www.naaabo7.com

www.naaabo7.com